データ視覚化のデザイン

書籍キャッチコピー
達人が教えるビジュアライゼーションの極意!!
著者名
永田 ゆかり
出版社名
SBクリエイティブ
価格
2200
ページ数
205
出版年月日
2020/06/18


本書のポイント

  • 今日から使えるデータ視覚化のノウハウが網羅的に取り上げられている。
  • 具体例を元にデータ視覚化のベストプラクティスとアンチパターンの理解ができる。
  • データ視覚化スキルの身につけ方と組織への根付かせ方をイメージすることができる。

レビュー

ビジネスシーンではもちろん、プライベートでも視覚化されたデータを目にしない日はないほど、私達はデータを視覚化して日常生活を送っている。しかし、普段から多く目にしているグラフやダッシュボードでも、自分がわかりやすいものを作れているのかと問われると、自信がない人が多いのではないか。

本書の著者はTableauのスペシャリストではあるが、本書では特定のBIツールに依存する内容は少なく、データの視覚化に関する普遍的な内容を扱っている。BIツールの使い方ではなく、グラフやダッシュボードの選択の仕方やデータ視覚化業務の効率的な進め方、といったデータ視覚化に関する普遍的な知識を深めたい人に向けた本である。

本書の前半は、実際に一般公開されているグラフやダッシュボードを元に、データ視覚化のベストプラクティスとアンチパターンをさまざまな角度から解説したガイドライン的な内容になっている。ここでは普段目にしないグラフパターンも含めて網羅的に紹介されていたり、グラフ作成時に気をつけるチェックポイントが紹介されている。そのためデータ視覚化を業務としてあまり扱わない人でも最低限知っておくべき知識を身につけることができ、明日からの業務ですぐに使える内容になっている。

本書の後半は、データ視覚化を業務で扱う人向けに、業種別(保険、デジタルマーケティングなど)やロール別(マネージャー、経営者など)に求められる情報はなにかについて解説している。加えて、ダッシュボードへの落とし込み方や、実業務でデータ視覚化を推進して組織に根付かせていく方法が示されている。

「具体的なアウトプットを見て初めて具体的な判断ができる」という著者の経験に基づた、アジャイル的にデータ視覚化を進めていく実践的な手法を学ぶことができる。

目次

第1章 データ視覚化「キモのキモ」
第2章 これだけでグッとプロっぽくなるコツ
第3章 目的に応じたチャートの選択
第4章 事例で学ぶ -ダッシュボード作成過程思考キャプション-
第5章 本当に組織に根付かせるために

この書籍に興味がある人へのおすすめ


レビューワー

尾銭泰徳

関連記事

  1. 実践的データ基盤への処方箋

  2. Google Cloudではじめる実践データエンジニアリング入門 業務で使えるデータ基盤構築

  3. 効果検証入門〜正しい比較のための因果推論/計量経済学の基礎

  4. マンガでわかる統計学 回帰分析編

  5. データ分析力を育てる教室

  6. データマネジメント知識体系ガイド 第2版 DAMA-DMBOK

  7. マンガでわかる統計学 因子分析編

  8. 化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

  9. ゼロから作るDeep Learning