統計学が最強の学問である データ社会を生き抜くための武器と教養

書籍キャッチコピー
ビジネス書大賞(2014)、日本統計学会出版賞(2017)を受賞した、統計学入門書の金字塔!
著者名
西内 啓
出版社名
ダイヤモンド社
価格
1760
ページ数
320
出版年月日
2013/01/24


本書のポイント

  • なぜ統計学が生まれたのか、なぜ強力なのかを歴史的背景、具体例を通じて学ぶことができ、統計学を学ぶモチベーションを向上できる。
  • 統計学の基礎となる「考え方」を数式を使わず学ぶことができる。

レビュー

データが溢れた時代になって、統計学の重要性が教育現場や職場で叫ばれるようになったが、いざ勉強を始めると統計の専門用語や複雑な計算式を前に心が折れる人は少なくない。

本書は、なぜそのような学問が生まれたのか、歴史にどんなインパクトを与えてきたのか、なぜ統計学が最強の学問といえるのか、という問いに答えていくことで統計学の入り口でつまづいてしまっている読者に統計学を学ぶ意義を教えてくれる。

具体的には、ニューディール政策を支えた統計家たちや「疫学の父」ジョン・スノウの活躍、「平凡への回帰」の発見等、多くの実例をもとに統計学の考え方や世の中へのインパクトが解説されている。

例えば、統計の教科書では無味乾燥なサンプルデータと数式で解説されているような回帰という考え方も、本書では数式を使わず、実例にもとづいて説明されており、概念的な理解がしやすい工夫がなされている。

一方で、数式や手を動かしながら練習するような本ではないので、具体的な統計手法や計算方法を学びたい人は他の専門書を読むことをおすすめする。

統計学を勉強しようと考えている学生や初学者、いざ勉強を始めてみたが難解な専門用語を前に「そもそも統計学ってなんで重要なんだっけ?」とモチベーションを失いかけている、そんな方におすすめの一冊だ。

目次

第1章 なぜ統計学が最強の学問なのか?
第2章 サンプリングが情報コストを激減させる
第3章 誤差と因果関係が統計学のキモである
第4章 「ランダム化」という最強の武器
第5章 ランダム化ができなかったらどうするか?
第6章 統計家たちの仁義なき戦い
終章 巨人の肩に立つ方法

この書籍に興味がある人へのおすすめ


レビューワー

Toru_Hasegawa

関連記事

  1. Pythonで学ぶアルゴリズムの教科書 一生モノの知識と技術を身につける

  2. データ分析のための統計学入門 原著第4版

  3. データ×AI 人材キャリア大全 業種・業務別に見る必要なスキルとキャリア設計

  4. 最短コースでわかる PyTorch &深層学習プログラミング

  5. ChatGPTの頭の中

  6. データ分析の教科書 現場で即戦力になるデータサイエンスの勘所

  7. DXの思考法 日本経済復活への最強戦略

  8. 仕事ではじめる機械学習

  9. マンガでわかる統計学 因子分析編